深セン初心者ガイド タクシー編


深センでの移動はタクシーを使うことが多いと思いますが、深センは他の中国の都市と比べてタクシーが比較的つかまりやすい地域でもあり、最適の交通手段と言えます。

また、メーター制ですので、ボラれる心配も無いところがいいですね。多少遠回りをするくらいです。初乗り運賃は10元です。

ただ、全く英語は通じませんので、中国語が話せる人が同乗しない場合は、中国語で書かれた紙を見せるのが一番ですね。

タクシーの乗り方 深センルール

20140915_172407

タクシーを止めます。この時に厚かましく行きましょう。そうでないと先に他の人に乗り込まれます。また、タクシーが混みあう時間の時は、タクシーが客を降ろすときに、客が降りる前に、先に乗り込むという荒業を利用する必要もあります。

自分でドアを開けて乗ります。自動ドアではありません。降りるときもドアを閉めるのを忘れずに。一人の時は助手席に座るのが深センでは一般的です。

行き先を告げても(メモを見せても)、ほぼ返事が返ってこず、直ぐに出発します。「OK?」と確認しましょう。

目的地についたら、メーターの料金を確認してプラス3元を支払います。深センでは環境税として3元が追加されます。

トランクに荷物を入れた場合は、必ず領収書(ファーピャオ)をもらいましょう。タクシーから降りた後、そのまま走り去ってしまわれるのを避けるためです。二人の以上の時は、一人が先におりて、トランクから荷物を出した後で、お金を払いましょう。

タクシーの色は、赤色がほとんどですが、経済特区外に出ると違う色のタクシーも走っています。料金交渉が必要だったりしますので、赤いタクシーを選びましょう。但し、青いタクシーが来たらラッキーです。これは電気タクシーで、音も静かで新しい、しかも環境税の3元が必要ありません。でもあんまり走ってないです。

20140916_163702

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにこのタクシーを見つけたら最高です。このタクシーだと6人まで乗れます。

20140923_171825

UA-54328165-1