中国で中国建設銀行口座を開設する


人民元の流動性の問題から、深センで銀行口座がなくてもHSBC香港の口座さえあれば大丈夫という考え方が一般的でした。しかしながら、中国のインターネットバンキングのサービスが格段に進歩したことに加え、中国深セン滞在が長くなったり、深センでビジネスを考えるようになると、深センで口座をっ作ったほうが便利と考える人が増えてきました。ただ、HSBC中国は、支店数が少なく全く不便で、やはり本土の銀行をということになります。

yjimage 僕が愛用しているのは中国建設銀行です。中国4大商業銀行の一つであり、何よりも他の銀行口座より、インターネットバンキングが格段に使いやすいのです。

自分自身用に作ったマニュアルが有りますので、それを利用すれば、送金などあらゆることは可能です。(流動性は高まったとはいえ、リスクが有りますので、その点だけは確実に説明を聞いてください)

 

銀行口座を開設するには、パスポートと中国の住所(ホテルの住所でも良い)と、インターネットバンキングを利用する場合は、中国の電話番号(SIMフリー形態をお持ちの方なら、どこでも中国のSIMカードが買えます)があれば、簡単にできるのですが、大きなハードルは言葉。銀行員の中には英語が通じる人もいますが、基本は中国語オンリー。

日常会話に問題ない人でも金融がらみの中国語はよくわからないという人も多いでしょう。

20140722_140707 事前に予約をいただければ、待ち合わせの上で、日本語検定1級の中国語先生がお手伝いをしてくれます。

銀行口座開設サポート以外にも、日本の商品の本土側での販売を手伝ってもらういたいとか、1日通訳サービスなど、何でもご相談に応じます。

もちろん口座に関して何かトラブルがあった場合は、彼女に対応してもらいます。

予約は以下のフォームからお願い致します。基本サポート費用はお一人様300人民元ですが、折り返し、必要な費用はご連絡させていただきます。

申し込みはこちら

 

 

 

 

 

UA-54328165-1